髪を生やして自信をつけたい

これまであったものが無くなるというのはとても寂しいものです。
それがもし頭髪だとしたら、どうして自分だけ髪が無くなってしまったのかと考えることでしょう。
私も自分が薄毛だと気がついた時、友だちはふさふさなのに、なぜ自分だけ薄毛になってしまったのだろうと思いました。
もし、これが友だちの多くが薄毛だったら、ここまで落ち込んだだろうかと考えると、そんなに落ち込まなかったのではないかと思います。
自分の髪が薄くなったことで、どうしてか自分が友だちより劣っているのではないかという気持ちでいっぱいでした。
周囲の人たちにもあの人薄いねとバカにされている感じがして、どうしても外に出るのが億劫になってしまいました。
なぜ、こんなにも落ち込むのか考えてみたのですが、髪が薄くなってしまったことで自分に自信が無くなってしまったことが原因なのではないかと思います。
髪が薄くなったことで、無くなってしまったのは髪だけでなく自信も無くしてしまったのです。
さいわい、私はAGA治療を始めることができ、薄毛を改善することができたおかげで自信を取り戻すことができました。
プロペシアというよく効く育毛剤があったおかげで、薄毛をかなり改善することができました。
それで考えたのですが、取り戻したかったのは髪だったのでしょうか、それとも自信だったのでしょうか。
よく考えてみると、私が取り戻したかったのは自信だったのではないかと思います。
自信を取り戻すことができれば、髪が戻らなくてもスキンヘッドでも良かったわけです。
スキンヘッドも一つのファッションとして定着していますが、若くしてスキンヘッドになりたいという人はそれほど多くはないでしょう。
私は、自分がハゲてしまうのではないかという不安で、気持ちが張り裂けそうでした。
ですが、そんな不安な気持ちをずっと持ち続けることはありません。
今はプロペシアというよく効く育毛剤があるのですから大丈夫です。
男性ホルモンが影響している男性型脱毛症AGAであれば、手遅れにならないうちに治療を開始すれば、ある程度まで頭髪を元に戻すことができます。
私の場合は、薄毛を気にし始めてから治療を開始するタイミングが早かったため、ほとんど以前のボリュームまで戻すことができました。
今は、そのボリュームを維持できるように努めています。
薄毛になり毛が生えてこなくなってから5年以内であれば、生えなくなってしまった部分であっても育毛をすることは可能です。
ただ、5年以上放置してしまうと、毛をはやすことはかなり困難でしょう。
これも個人差がありますから、5年以内であれば誰でも大丈夫というわけではありません。
ですから、薄毛が気になり始めたなら、自分で何とかしようというのではなく、専門のクリニックで診察を受けることをおすすめします。
自分で育毛をしたいという気持ちもわかりますが、AGAの場合普通の育毛方法では追いつかないことも多いのです。
専門のクリニックに行き、プロペシアを処方してもらうのが一番でしょう。