プロペシアによる治療はなぜ半年以上かかるのか

薄毛に悩む男性の強い味方であるプロペシアですが、唯一の欠点とも言えるのが治療に長期間かかるということなのではないでしょうか。
AGA治療は自由診療になるため治療費がとても高額ですし、なかなか効果が現れないと、この治療法は自分に合わないのではないかと心配になってきてしまうかと思います。
まだ治療を始めていない方も、そんなに時間と費用がかかるのでは失敗した時のショックが大きすぎると治療を避けてしまうかもしれません。
ですが、進行性であるAGAは放っておいても治りませんし、他の薄毛対策を行ってもほとんど効果が得られませんから、まずは男性型脱毛症の脱毛のメカニズムや、それを止めるメカニズムを理解して、どうして半年以上かかるのか納得した上で治療に臨んでみて下さい。
男性型脱毛症は抜け毛の原因物質がたくさん作られて、それが毛乳頭の活動を低下させる事が原因で発症するのですが、その原因物質の元となるのが男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素です。
5αリダクターゼは遺伝によって量が多くなったり強い力をもっているため、男性型脱毛症は遺伝によるものが大きいと言われています。
ですが、遺伝だからといって諦める必要はなく、プロペシアを服用することで5αリダクターゼの働きを抑えて抜け毛の原因物質の量を減らし、薄毛の進行を抑える事が出来るのです。
治療に半年以上かかる理由としては、ひとつは薬の有効成分が5αリダクターゼに働きかけ、抜け毛の原因物質の量が減少するまでに時間がかかるという事と、もうひとつはヘアサイクルが正常化して効果を実感できるほど髪が伸びるまでに時間がかかる事が挙げられます。
薬を飲んで薄毛が改善すると言っても、今生えている産毛のような細い毛が急に太くなってくるわけではなく、季節ごとに毛が生え変わる動物のように新しい元気な毛に生え変わり、それが成長した頃にやっと薄毛の改善を実感できるのです。
ですから、このことを考えれば治療に長期間かかるのも納得して、じっくり治療に取り掛かれるのではないでしょうか。
しかし、それでも長期間の治療費が心配な方もいるかと思いますので、その解決策をご紹介します。
それは医薬品の個人輸入代行サービスを利用する方法で、信頼できる大手サイトを利用すれば、海外の安いプロペシアでも更に安いジェネリック薬でも、好きなものを好きな時に購入する事ができます。
個人輸入と言っても、サイトの使い方は一般的な通販サイトとほぼ同じですから、感覚的に使えるでしょう。
ただし、このような個人輸入で海外の医薬品を利用した場合、何があっても自己責任となってしまいます。
ですから、一度は病院でプロペシアを処方してもらって服用方法や注意事項をしっかり理解し、アレルギーや副作用がないか把握してから利用するのがおススメです。
長期間服用することになる薬ですから、他の方のレビューなども参考にしながら慎重に利用するようにして下さい。
このようなサービスを活用すれば、きっと満足のいく結果が得られるかと思います。

Comments are closed.