プロペシアという薬とそのジェネリックについて

「髪が薄くなった」と感じたら育毛剤を使用しようと考える方も居ますが、もし男性型脱毛症によって薄毛になったのなら内服薬のプロペシアを使用するようにしましょう。
この内服薬はAGA治療として効果的であり、日本の厚生労働省に承認されている薬です。
「AGA治療として効果的なら是非使用してみたい」と思う方もいるかと思いますが、もし男性型脱毛症によって薄毛になっていない人がこの内服薬を使用しても効果が無いので気をつけましょう。
さて、このプロペシアという医薬品にはフィナステリドという有効成分が使われており、このフィナステリドはAGA治療ではなく前立腺肥大症を治す薬として開発が進められていたのをご存知でしょうか。
前立腺肥大症を治療する薬として開発を進めているとその副作用に発毛効果があったため、「これはAGA治療に非常に有効なのではないか」という事から男性型脱毛症の治療薬として今では世に広まるようになりました。
元々男性型脱毛症の原因といえばジヒドロテストステロンという物質であり、このジヒドロテストステロンは体内にある男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することによって生成される物質です。
このジヒドロテストステロンによって脱毛を促進するわけですが、プロペシアに含まれているフィナステリドには男性ホルモンと5αリダクターゼが結合するのを阻害してくれる効果があります。
これによりジヒドロテストステロンを大幅に減少し、髪の抜け毛が改善していくのです。
このAGA治療薬は日本の厚生労働省の許可を受けていることから医薬品の効果は十分にあり、店頭で販売されている育毛剤を使って発毛が出来なかった人にもかなりの効果が実感出来るでしょう。
実際に臨床試験でAGA治療薬を1年以上飲み続けた人の半分以上が発毛効果を実感し、それから2年以上飲み続けるとほとんどの人が薄毛を改善することが出来ました。
このようにAGA治療として効果がある医薬品ではありますが、ドラッグストアでは販売されていないのでクリニックに行って処方をしてもらう必要があります。
育毛剤のようにドラッグストアに行って気軽に購入出来るわけではありませんし、AGA治療は自由診療であるため治療費は全て全額自己負担となります。
これだと家計の負担が大きくなってAGA治療を続けるのはなかなか難しいと思います。
ただ、現在では個人輸入代行サービスとよばれる海外の医薬品を輸入してくれるサービスがあるので、これらのサービスを利用すれば処方箋無しにいくらかリーズナブルな値段で医薬品を買えます。
また、これらの個人輸入代行サービスにはプロペシアのジェネリック医薬品が多数販売されており、かなり激安な価格で薬が売られています。
このジェネリック医薬品は特許が切れている状態の先発薬を、別の会社が同じ成分を使って薬を作っているので効果は先発薬と変わりません。
開発費の削減によってジェネリック医薬品は安く販売されているわけですが、それでもなおジェネリック医薬品ではなくプロペシアの方を好んで使っている方が沢山居るのも現状のようです。